前へ
次へ

姿勢の悪さが腰痛を引き起こす

腰痛と言えば長く座り続けたり、重い物を持ちあげた際に生じる痛みが一般的なイメージです。そのような事例があるのも事実ですが、腰痛の多くは毎日の暮らしの中で腰に負担をかける姿勢を続けることで発生します。高いヒールの靴を履いたり猫背の状態で歩くなどの行為は腰への負担が大きいので注意しなければいけません。痛みやだるさを感じなくても腰への負担は少しずつ蓄積されています。そのため、ある日突然強烈な痛みに見舞われることも珍しいことではありません。腰痛を未然に防ぐには適度な運動を行って腰を鍛える他、大きな負担をかける姿勢を避けることを忘れてはいけません。その場では腰に痛みを感じなくても、日数が経過してからダメージが表面化することがあります。そうなってしまうと強い痛みで歩くことすら困難になるので、毎日の暮らしの中で少しずつ姿勢の矯正を行い、腰を労わることが大切です。素人療法では良い効果を得ることはできないので、出費が嵩むとしても適切な治療ができる専門病院を受診するのが最善の選択になります。

Page Top