前へ
次へ

腰痛はお尻の筋肉をほぐして予防

腰が痛いときにどこをどうすればよくなるのか、疑問に感じる人も多いと思います。腰痛というくらいなのだから腰の筋肉をほぐせばいいのか、それとも背骨に原因があるのかと不安になってしまいます。でも実は、たいていのケースでは、腰痛は背骨が悪いわけでも腰の筋肉が弱っているわけでもありません。だいたいの場合、お尻の筋肉が固くなっていることが多いです。お尻は大きな筋肉があり、ここが固くなると下半身全体に悪影響を及ぼします。なので、腰の調子が悪いなと感じたらお尻のストレッチをするのがおすすめです。まず、体育座りをしてその状態から片足を組みます。上げた方のお尻の筋肉がグッと伸びているのがわかると思います。これを両側、じっくり行いましょう。たったこれだけで、腰のハリはだいぶ和らぐそうです。ただ、激痛になってからではこのストレッチもきついので、「なんとなく腰が張ってきたな」という段階で行うのがポイントです。事前にお尻の筋肉をほぐせばひどくなりません。

Page Top